薄毛といえば男性の方のイメージが強いと思いますが、現代では女性の薄毛が増えていることをご存知でしょうか。

それは昔に比べて女性の生活のあり方の違いにありました。

若い女性でも薄毛になる時代

昭和や大正の時代の女性の役割といえば、家庭を守り子供を育てる。ということが一般的でした。

そしてそれはストレスを感じにくい生活だったのです。
しかし、現代では女性も社会に出て働くことが一般的になりました。

そうすると男性のようにストレスや睡眠不足、偏った食事、運動不足などといった問題に悩まされます。また、女性はホルモンバランスが非常に乱れやすいです。基本的に髪の毛は女性ホルモンから構成されているので女性の方でも社会に出てストレスなどにされされるとこの女性ホルモンが減少したり、ホルモンバランスが乱れることにより薄毛になるのです。

なので社会に出ている人などで偏った食事、ストレスなどを感じているあなた。
頭皮のほうは大丈夫ですか?

一度薄毛になってしまうと女性の方でも元に戻すには中々時間がかかります。

それはやはり生活習慣を見直す必要とホルモンバランスをしっかり調整する必要があるからです。

薄毛にはなれど禿げることは無い

しかし、朗報です。
女性の方は薄毛になれど禿げることはありません。

女性の方が男性のようにバーコード型と呼ばれるはげ方や頭頂部だけ毛がないといった状況をみたことがありますか?

少なくとも私はありません。
これは女性の方は圧倒的に女性ホルモンの数が多いからです。先ほどもいいましたが髪を作るのは女性ホルモンです。なので薄毛になっている人はこの女性ホルモンが減少しているから薄毛になっているので、裏を返せばホルモンバランスを調整して元のホルモン数に戻してあげれば薄毛は自然と治るのです。

なので正直女性の方がうらやましいです・・・笑

もし現在、女性の方で薄毛になっている人は今一度生活習慣を見直すなどホルモンバランスを調整してあげるといいかもしれませんね。