父親がはげている・・・

「もしかして将来私も薄毛になる・・?」または「父親が薄毛だから私も薄毛になっているんだ」なんて思ったことありませんか?

その考えあながち間違いではないんです。
物事を他人のせいにするのは良くないんですが、こればっかりは他人のせいにしていいんです!

実は薄毛の問題と遺伝とは非常に親密な関係がありました。

薄毛と遺伝の因果関係

父親がはげているから自分も薄毛になりやすい。と勘違いしている方が多いと思うのですが、少し違います。

実は父親よりも母方の父親、つまり祖父が薄毛の場合、自分も薄毛になりやすいのです!

「そうなの?」って思った人は多いと思います。

私も理由を聞くまで納得できませんでした。
ではなぜ母方の父親が薄毛の場合に自分も薄毛になりやすいのでしょうか?

祖父(母親の父)が薄毛だとなぜ自分も薄毛になるのか

詳しい部分は遺伝子があ~だこ~だ!ってなってしまうので少し分かりやすく説明してきますと、我々人間は父親と母親それぞれの染色体を受け継ぎます。

男の子は父親のY染色体と母親のX染色体を受け継ぎ、女の子は父親のX染色体と母親のX染色体を受け継ぎます。

そしてこのX染色体の中には実は薄毛になる遺伝子、「デンセイホルモン受容遺伝子」が組み込まれているのです!

このデンセイホルモン受容遺伝子は男性ホルモンの働きと親密な関係にあり、脱毛の症状は男性ホルモンの影響によるものが大きいのでこのデンセイホルモン受容遺伝子が遺伝されることによって薄毛になりやすくなってしまうのです。

そしてお気づきの方もいるかもしれませんが、デンセイホルモン受容遺伝子はX染色体にのみ存在します。

ということは、母方の父、つまり祖父の遺伝を受け継いでいるのです。
つまり祖父(母方の父)が仮に薄毛だったとした・・・?自分も薄毛になる可能性はかなり高いと思われます。

なので父親が薄毛だから自分も薄毛になる!はまったくのでたらめなのです!

むしろ、疑うべきは母親の身内なんですが、遺伝も100%遺伝するわけではなく遺伝しない場合もあるのでこればかりは運に頼るほかなさそうです・・・。

ちなみに「男性型脱毛症」のことをAGAというのですが、自分がこのAGAなのかどうか、最近では自宅でも検査できる簡単なキットも容易されているみたいなので一度試してみてもいいかもしれません。

ちなみに私の母親の父は薄毛ですが、私はというと・・・?(トホホ・・・)

AGAは治せる?

しかし、我々は現代に生まれてよかったです!
AGAは治せる時代にきました。

男性型脱毛症は病気の一つです。いわば風邪と一緒なんです。

風邪は薬で治せますよね?AGAも同じです。

もし、現在薄毛などで悩まれているなら一度AGAの検査を受けてみることをお勧めします。

そして、AGAと診断された場合でもあきらめないでください。
しっかりと医師の診断に従って薬を飲んでいけば治せる時代なんですから。