男性型脱毛症といえば何となく意味は理解できますが「AGA」といわれるとぴんとこないですよね。

今回はその「AGA」について詳しく解説していきます。

AGAとは

AGAとは男性型脱毛症の略で、思春期を過ぎたあたりから頭頂部が薄くなってきたり生え際の後退などが起きる現象です。

実はこのAGAとは遺伝の影響が非常に大きくて⇒こちらの記事でも解説していますが防ぐのがなかなか難しい病気です。

さらにこのAGAはどんどん進行していき、早い人では20代前半くらいから薄毛にもなるので素早い対処が必要になってきます。

このAGAには髪を脱毛するといわれているジヒドロテストステロンが多く含まれており、このジヒドロテストステロンのせいで成長途中にある髪が抜け落ちてしまうのです。

本来、成長すべきであった太く強い髪は成長途中で抜け落ちてしまうので細く弱弱しい髪となり、結果、髪が薄くみえてしまいます。

しかし、細く弱い髪は薄く見えれど頭皮にはしっかりと生えているので素早い対処を行うことで元の強い髪に戻すことは可能なんです。

現代の医学ではこのAGAに対処した薬の開発などが行われているので、一度自分がAGAかどうか、病院でしっかり検査をしてもらい自分にあった薄毛対策を行うといいでしょう。